SSブログ

パレルモ近郊の大きなVillaの中でシチリアーナのおもてなしを、、、<マリアリータの料理教室編> [マリアリータのホームステイ]

「料理している時間は私にとって至福の時間よ」

というくらい料理好きなマリアリータ。彼女が作るのは「パレルモ料理」。パレルモで生まれ育ったマリアリータは、同じくパレルモで生まれ育ったお母さんからビッチリと料理を教わったそうです。

レッスンが行われるのはマリアリータ宅のカワイイキッチン。
mariarita3.JPG

レッスンには私が通訳として付くので、イタリア語が話せない方も安心してご参加いただけます。

さて、とある日のメニュー。
mariarita4.jpg

レッスンでは料理のみならず、シチリアの食文化について、イタリア人の日常について、色々なお話をしながら料理をします。レッスンは参加型ですので、皆さんもマリアリータと一緒にどんどん料理をしてくださいね!

この日、とっても新鮮なイワシが手に入りました。みんなで手開きして、、、
mariarita5.JPG


みんなで作業して、、、
mariarita7.JPG


出来上がったのはこちら!
mariarita6.JPG

パレルモ料理の代表、「イワシのベッカフィーコ」

こちらもシチリアを代表する料理、「カポナータ」。
mariarita8.JPG

マリアリータのカポナータはパンチが効いていて、とっても美味。

冬~春にかけてが旬のカルチョーフィとブロッコリー。
mariarita9.JPG


てんぷらもビックリのサクサクッとしたフリットに!秘密は衣にあります。
mariarita10.JPG


みんなで料理をした後は、お楽しみの夕食タイム!とある日のテーブルセッティング。
mariarita10.JPG


お食事にはワインも付きます。タップリ食べてタップリ飲んで、、、お部屋でゴロン!美味しい料理を食べて、すぐに休めるのも嬉しいですよね♪

マリアリータの料理教室では、季節の旬の素材を使ったシチリア料理を作ります。

(メニュー例)
・かぼちゃのアグロドルチェ
・ブロッコリーのフリッター
・ナスのカポナータ
・魚のカポナータ
・ブロッコリーのパスタ
・アンチョビのパスタ パレルモ風
・シンプルトマトソースのパスタ
・地中海風香草とアーモンドペーストのパスタ 
・仔牛肉のインボルティーニ
・イワシのベッカフィーコ

マリアリータのホームステイ、くわしくはココをクリック!

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

パレルモ近郊の大きなVillaの中でシチリアーナのおもてなしを、、、<マリアリータのお人柄編> [マリアリータのホームステイ]

さて、↓の家のような豪邸に住むマリアリータ、ってどんな人?こんなお方です。↓

mariarita1.JPG


現在はパレルモ近郊のVillaに住むマリアリータですが、産まれも育ちもパレルモの街のど真ん中、という生粋のパレルミターナ。(パレルモ人)バリバリのパレルモ弁を操ります(笑)こんな館に、、、って事は貴族?と思われるかも知れませんが、普通の人です。

マリアリータと私の出会いはかれこれ4年ほど前。私のパートナーが豪華客船の旅に出た時(私は残念ながら都合が合わず断念・涙)、船の中で知り合ったそうです。戻ってきてから私もすぐに紹介されて、意気投合。何度もお宅に招いてもらい、彼女のおいしい手料理をご馳走になるのでした。おもてなし上手の彼女のお宅は、まるで自分の家のように寛ぐ事ができ、私にとってとっても居心地の良い空間。そして親しくなればなるほど、彼女の真面目でしっかりした部分、でもとってもチャーミングでボケやツッコミも忘れないユーモア溢れる性格を知るのでした。こんなお宅で日本からいらっしゃるお客様達に、のんびりしていただけたらな~、、、と思い始めるた私。忙しい日本の日常から開放されて、彼女の美味しい手料理を食べながら、旅行とは一味違った滞在がしていただけるのでは?、と。普段は、「友達と仕事」をごっちゃにしない主義の私ですが、彼女となら良いプランが作れるかも、、、。シチリアでは「ホームステイ」という言葉もあまり普及していなくって、受け入れ先がなかなか見つからないところ、彼女に提案してみると、「あなたがサポートしてくれるならいいわよ」と快い返事。こうして2009年、マリアリータのホームステイが始まったのでした。

小柄だけれどもとってもアクティブでチャーミングなマリアリータ、好奇心旺盛で博学。趣味は「旅行」。今まで行った場所は、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国はもちろんの事、タイ、エジプト、トルコなど、イタリアとは違う文化圏を旅するのが楽しいそうです。

アクティブなマリアリータですが、3人の息子のマンマでもあります。3人の息子は、同じ敷地内にそれぞれの家を持ち、別に暮らしています。こちらは長男。イケメンです(笑)(ちなみに次男坊もイケメンです)

mariarita2.JPG


上の写真は、息子が家でお友達達とホームパーティーをした時のもの。マリアリータも招待(?)されていて、そこに居合わせた私も一緒に招待されました♪

さて、とっても幸せそうなマリアリータですが、、、実は数年前にだんな様と離婚、現在はこの大きな家に一人暮らしなんです。「だんなと息子、みんな一緒に暮らしていた時期も楽しかったけれど、現在も相当楽しいわよ♪」と何があってもポジティブシンキングな彼女。一人で暮らしているので、家の修繕や日曜大工も大得意。相当、男らしいです。

「かつては家で養蜂もやっていたのよ~」

という彼女。本当にこの大邸宅で蜂をかってハチミツを自分で作っていたらしく、、、(汗)息子たちがビシバシ刺されて「危ない!」と言われてからやめたそうですが。ハチミツを作る時は、私はテレビや写真でしかでしか見たことがないあの宇宙服みたいなものを着ていたそうです。ね、男らしいでしょ?(笑)

皆さんのご滞在中は、REIがしっかりとサポートするので、イタリア語が話せなくても安心してご参加いただけます。「自分の語学力を試してみたいわ。」、「イタリア人とコミュニケーションを直接自分でしてみたいのよね。」という方は、REIのサポートなしでのご参加も、もちろん可能。皆さんのニーズに合わせて滞在をコーディネートします♪

ホスピタリティに溢れるマリアリータ、いつもとっても温かく私達を迎えてくれます。

次回は「マリアリータの料理教室編」です!

マリアリータのホームステイ、くわしくはココをクリック!



nice!(10)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

パレルモ近郊の大きなVillaの中でシチリアーナのおもてなしを、、、<お宅拝見編> [マリアリータのホームステイ]

ラ ターボラ シチリアーナのプランで唯一のホームステイプラン、パレルモ郊外の大きなVilla(ヴィッラ)マリアリータさんのお宅に宿泊する3泊4日プランのレポートです。

大きなVilla(ヴィッラ)ってどれくらい、、、??これくらいです。

maria1.JPG


これは家の敷地内にあるプール。(撮影は去年の夏にしました)家の前にはこんなプールがドカン!とあって、奥のテラスで鳥のさえずりを聞きながら本を読みながら過ごす、、、って贅沢な時間ではありませんか??

maria2.JPG


こちらは、皆さんがご宿泊されるVilla。大きなサロンとキッチン、そしてマリアリータのベッドルームがありますが、皆さんがご宿泊されるのは別フロアーにあるこちらのお部屋。

maria3.JPG

maria4.JPG


リビングキッチンと寝室と2部屋あり、ゆっくり寛いでいただけます。キッチンも付いているので、
「異が疲れたからちょっと和食を、、、」
なんて時にも、簡単な調理ができます。(もちろん和食材はありませんが、、、)

ちょっと時間が空いたときにはテラスでのんびり、、、。

maria5.JPG


家を囲むようにグルリと散歩道が整備され、季節のお花が咲いています。レモンやオリーブの木もあり、レモンの季節(1月~3月)には実がたわわに成り収穫もできるんですよ。

maria6.JPG


広~い家の中はご自由に散歩していただけます。忙しい日本の生活から離れて、シチリアの楽園でのんび~り、、、こんな旅もいいですよね。

maria7.jpg


次回は、ここのVillaの持ち主、マリアリータさんのお人柄編、です!

マリアリータのホームステイ、くわしくはココをクリック!


nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

知る人ぞ知るシチリア陶器の街 サント ステファノ ディ カマストラ(Santo Stefano di Camastra) [REIと一緒に行く小旅行]

「シチリア」には、「陶器の街」がいくつかあります。シチリア陶器はぽってりとしたぬくもりある形に手書きで絵付けをされていて、心がほっこり和むような陶器が多いのが魅力。シチリア陶器の街の中でも、知る人ぞ知る陶器の街、それがサント ステファノ ディ カマストラ。シチリアの人の中にもここの陶器のファンは多く、遠くからわざわざ買い付けに来る人もたくさんいます。

街に入ると右に左に、、、陶器、陶器、陶器!!!
SSカマストラの街には小さなお皿だけではなくて、こんな大物も!
ss1.JPG

日本に買って帰ることはできませんが、見ているだけでもウットリするほど美しい絵付けです。
ss2.JPG

これは植木入れ。植物を入れてベランダに飾ります。一つ一つ色もデザインも微妙に違い、手描きのぬくもりがあります。
ss3.JPG

こんなテーブルは田舎の一軒家に似合いますね~。
ss4.JPG

アンティーク風のタイル。昔はこんなタイルでキッチンが作られていたんですよね。かわいい!
ss7.JPG

こんなものも売っているんです。

お持ち帰りできない大物ばかりではなく、小さな陶器もたくさんあります。
ss5.JPG

このお店は私が個人的に大好きなお店。白地に繊細なデザインが施されていますが、色の数が少ないせいかシンプルな印象を受けます。
ss6.JPG

こんなデミタスカップセット、めちゃくちゃかわいいですよね~♪
ss8.JPG

お店ではこんな風景に出会うこともあります。(現在絵付け中)
ss9.JPG

カラフルなレモン柄もかわいい。

サント ステファノ ディ カマストラはシチリアの北側にあり、パレルモから100キロ、トラーパニからは約230キロ、メッシーナから130キロ。どこから行っても意外と遠いのが、また魅力でもあるのかも知れません。

ラ ターボラ シチリアーナでは、トラーパニ発、専用車で行くサントステファノ ディ カマストラの陶器ショッピングツアーをオーガナイズしています。専用車なので、電車やバスの乗り換えを心配することなく、街までダイレクトに到着することができます!
詳しくはこちらをご覧ください。→ ラ ターボラ シチリアーナ/陶器ショッピングと石畳の街チェファルーでタイムスリップ


nice!(16)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

シチリアの春の畑 [ベテランマンマの料理教室]

domi1_2.JPG

ベテランマンマの料理教室が行われるのは、トラーパニから10キロほど東に向かった小さな村にある一軒家、ドミンゴさんおお宅。主婦暦50年、料理暦60年のマンマの料理は最高に美味しいのですが、その理由の一つがパパが管理する自家用の畑。ここではシチリアの本当の旬を見ることができます。

3月になってすっかりポカポカ陽気になったシチリア。先日お邪魔したドミンゴ家では、ドミンゴパパが夏野菜の種蒔きに備えて、手押し式のトラクターを押しながら畑を耕していました。4月以降、降水量の少ないシチリアの畑は、この時期にきちんと畑を耕したか否かで、植物の成長具合が大きく変わるそうです。きちんと耕してある畑は、土もフカフカで雨が降ると地下深くまで水が染みこみます。土は水分が足りなくなってくると、がんばって根を生やしてこの地下深くの水を吸い上げようとがんばるそうです。きちんと耕されていない畑は、雨が降っても水は流れていってしまい地下には染みこみません。なので、夏になると水分不足になってしまうのです。

さて、春の畑の様子です。
domi2.JPG
春の訪れを感じさせるソラ豆。市場では既に出回っていますが、きっとハウスもの。露地栽培はまだまだこんな大きさです。元気に育っています!

domi3.JPG
同じマメ科なので、ソラ豆と似ていますが、ツルがあるのがグリーンピース。これも春の味です。シチリアの春の陽射しを浴びてキラキラ光って、とってもきれいでした!

domi4.JPG
既に収穫が終了したカルチョーフィー(アーティチョーク、です)。あれ?もう終わっちゃったの、、、?今年は引越しでバタバタしていて、日曜日もほとんどお昼を食べに来なかったので、知らない間に終わっちゃいました(号泣)ドミンゴ家のカルチョーフィーは、甘くってやわらかくって、、、、本当に美味しいんです、、、、(涙)

domi5.JPG
初夏の収穫が待ち遠しいニンニク!ペストトラパネーゼには絶対に欠かせないトラーパニの赤ニンニクです。

domi6.JPG
この時期になると、玉ねぎ、長ネギの半分くらいの長さのねぎ、アサツキみたいなネギ、、、たくさんの種類のネギが育ちます。パパ曰く、「種は一緒」、らしいのですが、蒔く時期や収穫時期によって変化するらしいです~。

domi7.JPG
そして今年もお花畑の季節が始まりました。これはボラジネ、日本語だとボラジ?この季節に咲く青い可憐なお花です。

domi8.JPG
お花が付く前、葉がまだまだ柔らかい時期には茹で野菜として食べるのですよ。これがホロ苦くて本当に美味しいんです。ボラジの実から抽出されたオイルには、不飽和脂肪酸のリノール酸、γ-リノレン酸が豊富に含まれていることでも知られます。

ドミンゴ家の畑では、「本当の旬」がよ~く分かります。シチリアの市場は「旬」を感じる事が十分にできます。ですが、私が来た5年前と比べても野菜や果物の季節がハウス栽培によって随分延びて来たような気がします。ドミンゴ家の畑は商売用ではなく、自家消費用なので、毎年、その年の気候に寄って一番適した時期に種蒔きをします。これが本当の旬の野菜かと。野菜や果物の本当の旬って意外と短くって大半のものが1ヶ月~2ヶ月くらいなものなんですよね。

一歩お先に春がやってきたシチリア。これからが良い季節です♪

★田舎でシチリアマンマに料理を習う!→ ベテランマンマのシチリア家庭料理教室
nice!(19)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

2000年前から続く塩作りを見る [”食”の工場見学]

saline1.JPG


悠久の彼方、2000年以上前にこの土地で”塩作り”が行われていた、、、

なんともロマンチックではありませんか?

トラーパニと言えば”塩”、塩と言えば”トラーパニ”と言っても良い位、イタリアでは塩作りの産地と知られるトラーパニ。ここでは2000年以上も同じ製法で塩が作り続けられています。

塩の歴史は古く、古代地中海の民、フェニキア人から伝わると言われます。紀元前の話です。ここ一帯は、“風”、“気温”、“湿度”という塩作りには欠かせない3大要素が揃い、その上、地中海はマグネシウムやヨードなどの天然成分が豊富に含まれる、この事実に目を付けたフェニキア人は、理想の地での塩作りを始めました。

トラーパニの塩は100%手作り。海から海水を引き込み天日干しでクリスタル化させます。それを、スコップを使って収穫。人間が収穫するので下に沈殿したゴミは拾わないため、洗浄もしません。そのため、塩のミネラル分が失われず、美味しい塩が出来るわけです。

現在も、2000年前とほぼ変わらない製法で作り続けられています。

塩の山が並ぶ塩田の風景はのどかで、そして広大で、、、ここで2000年前から同じ営みが行われているのか、、と思うと、不思議な気分になります。せっかくトラーパニに来たならば、絶対に見て行ってほしいこの風景。しかし、公共の交通機関がほとんど無いため、車じゃないと行きにくく、、、、。ラ ターボラ シチリアーナでは専用車で塩田までご案内するプランをご紹介しています。マルサラワインの工場見学とセットですので、ワインを試飲してほろ酔い加減で塩田で思いに浸る、、、なんて、ステキじゃありませんか?

塩田では4月~10月まで、塩のショップと小さな博物館がオープンします。塩のショップでは、古代製法の手作りの塩を購入することができます。
↓塩のクリスタル
saline4.JPG


↓クリスタルはこんな小さな袋で販売。お土産にも最適です!
saline2.JPG


↓レモン、オレンジ、ジュニパー等のアロマをつけた塩。お肉やお魚の下ごしらえに。これ一つで料理もグンとグレードアップ。
saline3.JPG


↓小さなシチリア陶器達。小皿は塩を乗せてテーブルに。
saline5.JPG


一番上の写真は日曜日の夕方に撮影したもの。3月を目前にして、気温がグングン上がってきたトラーパニ。2月の最終日はなんと25度まで上がりました!3月まで冬季休業中だった塩ショップもあと1ヶ月で開きます。これからが塩田のシーズンです♪

ラ ターボラ シチリアーナの塩田見学はこちら
お問い合わせはこちらから!

タグ:
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます