SSブログ

紀元前の世界にタイムトリップ!カルタゴ遺跡の島、モツィア島へ! [REIと一緒に行く小旅行]

マルサラの塩田近くから小船に揺られて約15分。そこには、紀元前8世紀に西地中海とイベリア半島を結ぶ交易の中継地点としてフェニキュア人が建設した街「Mozia(モツィア)」があります。モツィアは小さな島で、ここからは紀元前8世紀~3世紀ごろのカルタゴ(現在のチュニジア)の文明の足跡がたくさん発見されているのです。

では皆さんも一緒にタイムスリップの旅に出かけましょう!

まずは塩田の水路を通り抜け、、、。

mozia1.JPG

船はのんび~りのんび~り走り、出発して5分くらい経つと、前方に島が見えてきます!

mozia2.jpg

さて、到着!

mozia3.jpg

到着するとすぐに眼に入るのが、紀元前の遺跡後、、、。ここは本当に城壁があった場所らしい。現在も石が残っています。そしてオバケアロエが両サイドに広がる道を通り抜けると、モツィア島唯一のバールやここから発掘された遺跡が展示されるホイッタッカー博物館があります。博物館には歴史上、重要な意味を持つ出土品がたくさんありますが、その中でも有名なのがこれ!

mozia4.JPG

「Gioninetto di Mozia(モツィアの若者)」という紀元前5世紀ごろの大理石像。紀元前5世紀にはこういう人がカッコイイとされていたんでしょうね~。両腕がなくなっちゃっていますが、腰に手を当てるポーズなんかは今と同じ(笑)この像、正面から見ても素晴らしいですが、後ろに回ると、、、

mozia5.JPG

見てください、このお尻のあたりの曲線を!これが紀元前5世紀にあったテクニックかと思うと、昔の人の文明にただただ驚くばかりです。

mozia6.jpg

その他、絵付けのされた陶器、アクセサリー、家の一部、などなど、展示物は狭い空間にコレでもか!というくらい並んでいます。そして全て紀元前のもの、、、、(汗)↑上の写真左下は「笑い仮面」と言って、かつては魔よけの役目を果たしていたそうです。シチリアの陶器屋さんにはこの笑い仮面にレモンや太陽が絵付けされたファニーな焼き物がたくさん並んでいます。

博物館でじっくりと出土品を見た後は、かつてのモツィアの街を実際に歩いてみよう!博物館には地図があるので、それを片手に紀元前の足跡をたどりましょう。(残念ながら日本語の地図はありませんでした)

mozia7.JPG

博物館のすぐ近く、Casa dei Mozaici(モザイクの家)。ここには家があったらしく床には白と黒の小さな石で作ったモザイクがあったそうです。

mozia8.JPG

島の中にはブドウや、、、、

mozia9.jpg

オリーブが栽培されていて、マイナスイオンがガンガン出ている、、、気がします(笑)しかし、この日は暑かった!島の入り口にバールが一軒ある他、お店などは存在していないので、必ずミニペットボトルを持って島を散策してください。そして日焼け止め&サングラスはお忘れなく!

さて、ブドウ畑の中をずんずん歩くこと約20分。島の反対側に出ました。ここはTofet(トフェット)というかつて神が祀られていた場所らしいです。紀元前8世紀~紀元前4世紀にかけてのお話だそうです。

mozia10.JPG

遺跡も面白いですが、真っ青な空、真っ青な海、、、風景も素敵です♪ 紀元前のフェニキュア人達もこんな美しい風景をみながら生活していたんでしょうね~。(どんどん妄想が膨らむ!)

mozia11.JPG

ここは結構保存状態良く、土台の部分が残っていましたが、、、なんの跡だか忘れちゃいました!

モツィア島はゆっくり回っても3時間くらいで周ることができます。小船は塩田近くの2箇所から出ていて、往復で9ユーロ。そして入島料として9ユーロがかかります。(2010年6月現在)モツィア島一帯は自然保護区になっているため、珍しい植物や鳥もいるそうですよ。

モツィア島、今までに何回も行っているのですが、、、実はこうして島を全部回ったのは今回が初めて!今まで「何にもない、、、、」と思っていたこの島ですが、意外と見所がありました。とっても興味深く、散策も楽しいのですが、、、7月~8月に訪れる方は干からびないよう気をつけてください、、、。

ラ ターボラ シチリアーナでは「塩田+ワイナリープラン」にプラス50ユーロにてモツィア島見学をすることができます!詳しくはこちらをご覧ください♪

nice!(12)  コメント(13) 

クスクスフェスティバルに行こう! [季節のオススメプラン]

couscousfesta2.JPG


トラーパニと言えば、、、手作りのクスクスで有名な街。イタリアでも唯一、手作りクスクスの味が楽しめる街です。

クスクスとは、、、そもそも北アフリカの主食で、トラーパニには9~10世紀のアラブ支配の時に伝わってきたと言われています。(詳しくはこちらをどうぞ!)セモリナ粉から作るクスクスの味は、、、それはそれは美味しく。ちなみに、日本で売っている箱に入ったクスクスは、一度蒸したクスクスを乾燥させたインスタントです。

そして、クスクスと言えば年に1回、トラーパニから40キロのリゾートの街、サンビート ロ カーポで行われる「クスクスフェスティバル!」トラーパニのクスクスはもちろん、北アフリカ、南米からもチームが参加。全国各地で食べられているクスクスを試食することができる、とっても楽しい祭典♪ 

couscousfesta1.jpg

クスクスが試食できるのも嬉しいけれど、各国から集まってくる民族衣装(?)を来た美女が見れるのも嬉しい♪アフリカや南米の女性って美しくスタイルもいいんですよね~、、、(羨)

上の写真の上段中央、これがクスクスを作っている最中です。クスクスは粗挽きのセモリナ粉に水を少しずつ入れて手ですり合わせます。すると、、、!粒が段々大きくなっていくんですね~。それを調味して蒸すこと1時間半(!)。いやいや時間がかかります。

さて、この祭典に行ってみたい!という美食家の方、ラ ターボラ シチリアーナでは半日ツアーを組んでみました~。クスクスのみならず、海の近くでアペリティーボ(食前酒)をいただき、そしてクスクスに臨む、、、。会場にはトラーパニ県の各地から集まってきたサラミ、チーズ、ワイン、オイルなどの生産者ブースも並び、シチリアの特産品を試食することができます。1時間程度のフリータイムも組み込んであるので、海を散歩するもよし、シチリア特産品を試食するもよし!ショッピングしたい方は私がお手伝いしますよん♪

サンビート ロ カーポまでは専用車で移動なので楽チン♪ ツアーの開催は2回。海水浴を楽しみたい方は昼の部、夜のシチリアを楽しみたい方は夜の部にご参加ください。

くわしくはラ ターボラ シチリアーナのホームページをご覧ください!

お問い合わせをお待ちしておりま~す♪



nice!(13)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

REIといくシチリア南東部1泊小旅行 <2010年春> [REIと一緒に行く小旅行]

3月、久しぶりに「REIといくシチリア南東部1泊小旅行」に行ってきました。

シチリアはこんな感じ。

mappa_ragusa.jpg

左の一番上、つまりシチリアの最西端がトラーパニ。そして、シチリアの右下が「シチリア南東部」と呼ばれています。南東部の見所でもあるラグーサまでは、トラーパニからなんと400キロ超!バスや電車など、公共の交通機関が整備されていないシチリアでは、移動するだけで1日がかり、下手すると2日かかっちゃうこともある、、、(汗)

でも、「シチリア南東部」には、ラグーサやモディカなど、世界遺産にも登録されているバロックの街が点在し、シチリア西部とはまったく違う表情を見せます。1年ほど前、「トラーパニから直接いけたらいいのになぁ~、、、。」というお客様のご要望からプランニングした1泊旅行ですが、やはり皆さん考えることは同じなせいか、既に数回のご予約を頂いています。

基本のプランはこんな感じ。

まずは、トラーパニを出発して、がけっぷちの聳え立つ海の街、チェファルーヘ。
(トラーパニ→チェファルー間 180km)

viaggio1.jpg

チェファルーで美しい景色を堪能した後は、陶器の町カルタジローネへ。(チェファルー→カルタジローネ間 160km)

viaggio2.jpg


カルタジローネでのご宿泊は、アグリツーリズモ。(もちろん街中のB&Bも手配できます。)

viaggio3.jpg

アグリツーリズモは車でしかたどり着けない場所にあるので、通常の旅行ではなかなか宿泊することができません。このプランは最初から最後まで専用車で移動するので、アグリへも楽々移動できます!

翌日は、アグリで田舎風(パンやジャム&コーヒー&牛乳など、、、)朝食を取った後、いよいよ世界遺産にも登録されているバロックの街ラグーサに向かいます。(カルタジローネ→ラグーサ間 70km)

viaggio4.jpg

天空に浮かぶ街ラグーサはまるでラピュタの舞台のよう。小道をウネウネと登っていくと、、、素晴らしいドォーモがある広場にたどり着きます。ここでは約1時間ほどの自由時間。

そして、これまた世界遺産にい登録されているバロックの街モディカに向かいます。(ラグーサ→モディカ間 20km)

viaggio5.jpg


モディカと言えば、、、、チョコレート!ジャリジャリした摩訶不思議なチョコレートはアステカ文明から伝わる製法で作られたもの。老舗のチョコレート屋さんBonajuto(ボナユート)にご案内します。

2日間で4つの街を堪能した後は、トラーパニに戻ります。(モディカ→トラーパニ間 420km)

2日間、専用車と私REIを貸切の旅!総工程約850キロの旅!シチリア西部からシチリア南東部まで、、、安心して旅行をしていただくことができます。ご興味あるかたはこちらをどうぞ!


nice!(13)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます