SSブログ
アグリステイ ブログトップ

怪物がいる館 Villa Palagonia(ヴィッラ パラゴニア)@Bagheria(バゲリア) [アグリステイ]

さて、アグリに滞在する極上バカンス@シチリアから行ける近くの小さな村、、、をご紹介途中で料理教室の告知を出したため、話が途中で終わっていました。アグリの近くからはもうひとつ面白い場所があるんです。それはこんなところ!

bagheria1.JPG


プププ、、、っ!あなた一体誰ですか!?(爆)

アグリから5キロほどのBagheria(バゲリア)という街にあるVilla Palagonia(ヴィッラ パラゴニア)は「怪物(?)いる館」として有名。その他、本当に笑える像が並びまくりです!

bagheria2.jpg


ここには怪物大集合!!

bagheria3.JPG


よ~く見るとなんか変??

bagheria4.JPG


バゲリアはそもそも、17世紀にパレルモ貴族の別荘地として発展しました。その頃、貴族の間では暑い夏を過ごすため緑深い郊外に居を構えるのが流行となったそうです。また避暑だけではなく、農場を開拓するのも流行りだったそうで、、、。今では考えられませんが、当時のパレルモは緑豊かで水資源も豊富だったそうです。「コンカドーロ」という言葉に聞き覚えはありませんか?歴史で習った「conca(盆地) d'oro(黄金の)=コンカドーロ」、そう、このあたりを指していたんですね~。ここ一体はオレンジやレモン畑が当時広がっていたらしく、ブドウ栽培なんかも盛んで肥沃な大地だったのでしょうね。

バゲリアの街を歩いているとそこらじゅうに見かける「Villa=ヴィッラ」という看板。そう、これが貴族の元別荘だったわけです。その数、、、数えられないくらいいっぱいあります。その中でも囲いの塀の上に奇妙な像がたくさんあることで有名なのがVilla Palagonia。実は私も行くの初めてでした。

外にはこんな怪物たちが並んでいるのですが、中は、、、

bagheria5.JPG


おぉぉぉぉ~!さすがパレルモ貴族、、、。トラーパニにも貴族の館がたくさんあるのですがゴージャス度が違います(苦笑)パレルモってかつてはとてつもないお金持ちがたくさんいた場所だったんですよね~。

bagheria6.jpg


部屋ごとに違う雰囲気で壁の絵もきれいに修復されています。部屋の窓からはあの塀の上に並んでいる怪物達が見える仕組みになっています。緑のなかで怪物を見ながら涼んでいたのでしょうね~(笑)

bagheria7.JPG


ここは裏側の入り口。凹んだ形の建物の中心部に階段とバルコニーがあってまるで舞台のようです。

bagheria8.JPG


正面入り口には大きな椰子の木が左右に二本。スコーン!と抜けたような青空に飛び出るように植わっています。表玄関と裏玄関は建物の真ん中に空間が開いていてで抜けられるようになっています。昔はここを馬車が突っ切ったそうです。大胆な発想ですね~。

シチリアには色々な時代を反映する建物が残っていますが、バゲリアのヴィッラ達は17~18世紀に建てられた上流階級の建物ばかりです。このヴィッラを見学中、

「カチャカチャ」
「キャーーーー!!!」

どこからともなく聞こえてくるこの音、、、え??

中を覗いてみたら本当に人が住んでいました(笑)カチャカチャと言っていたのはランチの食事準備、キャーーーー!!!という叫び声は裏側にビニールプールで遊んでいた子供の声でした。こんな歴史的建物に現在も人が住めちゃうっていうのもすごくイタリアっぽい(笑)

アグリから電車に乗って15分でBagheria(バゲリア)に到着!街は小さいので十分足で歩けます。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

街角で夕涼み、、、小さなポルトフィーノ Sant'Elia(サンテリア)@パレルモ近郊アグリ滞在 [アグリステイ]

さて、トマト大作戦!をはさみましたが、パレルモ近郊アグリ滞在、Porticello(ポルティチェッロ)散策の続きです。

Porticello(ポルティチェッロ)をタップリ散策した後は、お隣の小さな入り江の岩盤に沿ってできたこれまたちっちゃ~な村、Sant'Elia(サンテリア)へ。

楽園アグリのオーナーパオラさん曰く、

「あそこは小さなポルトフィーノよ~~~♪ 美しいからゆっくり散策していらっしゃい。」

Porticelloを後に車で走ることたったの5分。ものすごい急な坂を下りるとそこにはちっちゃな海岸がありました。

sante1.JPG


日曜日だったので小さな海岸ですがたくさんのファミリーが海水浴を楽しんでました。

sante2.JPG


ここの海岸にはレンタルビーチベッド&パラソルなどは無いので、それぞれがパラソルやテーブルを持ってきたり、木陰に陣取って日曜日の海を楽しんでいました。漁に出る用の船と船の間にパラソルを立てて、、、なんともホノボノとした風景ですね。

sante3.JPG


この海岸の裏側には十字架が。漁師はやはり危険が多い仕事。こうして土地と民を守ってくれるようにお祈りをささげるのでしょうね。その後ろに広がる真っ青な大海原はシチリアの自然の美しさを改めて実感させてくれるのでした。

さてこの村、海に面する崖を利用してできた小さな村で海岸からは階段で村に上がっていきます。

sante4.JPG


この手の村は細い道が続きどこを切り抜いても絵になり非常にフォトジェニック。大興奮の私です(笑)どんどん階段を上っていくと、下に絶景を臨む小さな家の前でタオルを敷いて日焼けする若者たち。

sante5.JPG


ここでも、、、、

sante6.JPG


ここでも、、、

sante7.JPG


みんな道端に椅子やテーブルをだして夕涼みしていました。崖っぷちの村は大きな家が作れないせいか、街角を皆の共有していてるところが面白いところ。テラスが作れないから「街角テラス」を作っているのでしょうね(笑)こうして近所の人達が集まる姿は、なんだか心温まる光景でもあります。

sante8.JPG


やはりカラフルな村はPorticelloと同じ。ヒラヒラと風にはためく洗濯物が南~~~という気分を盛り上げます(笑)洗濯物を干しながら向かいのおばさんとおしゃべり~、なんていう映画のワンシーンみたいな風景もここでは日常的に繰り広げられるのでしょうね。

sante9.JPG


これは私のお気に入りの一枚♪ 細い路地からチョロっと見える海は真っ青で、カラフルな家やアンティークっぽい街灯、そして外に椅子を出して夕涼みをしながら海を見ているおじさん、、、ぎっしり並んだ車もそれっぽく(笑)

おぉ、小さなポルトフィーノ、、、それはここの事!?

sante10.JPG


2009年の南仏旅行の帰りに寄ったポルトフィーノ、それはそれはカワイイ街でした。カワイイけれどお金持ちのバカンス地らしく、街にはブランドショップが立ち並び、ソレはソレで驚いたのですが。確かにこんな感じでした。けど、リッチ族の避暑地VS南の島の小さな漁師村、っつーことで随分雰囲気は違いましたけど。どっちもステキです。

sante11.JPG


上からみるとオモチャみたいな村。じっくりと見てじっくりと写真を撮っても1時間くらいで周れます。

楽園アグリのプランにはアグリを車で出発してこのSant'Elia(サンテリア)を見て、この近くの絶景ポイントを見てその後Porticello(ポルティチェッロ)にてランチ&散策。そして、再びPorticelloまで車で迎えに来てもらう、、、そんな半日ツアーを組み込みたいと思っています。

さて、お次に行ったのは、、、???


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

アグリに滞在する極上バカンス(@パレルモ近郊アグリ) [アグリステイ]

La Tavola Sicilianaではトラーパニ付近のアグリは数件紹介していますが、トラーパニからはまだ離れたことが無かった私、、、。そろそろエリアも広げたいし、違う土地の事も勉強したいし、という事で少しずつ範囲を広げています。

で、まず第一弾がパレルモ付近のアグリ。

「どこかいいところないかな~、、、」

と、シチリアの友達にボヤいていたところ、

「あるよ」

え~~~、色々探したのに見つからなかったのに、こんなにあっさり見つかるとは、、、。恐るべしイタリア人の友達の和!

さて、いよいよ訪問の日。天気は快晴!パレルモから電車で約30分。駅までは無料で送迎してくれます。そしてアグリに到着。

agri1.JPG

ジャンッ!真っ青な空に白い建物が映えます。この建物、1700年代の貴族のものらしです。現オーナー夫妻は貴族の末裔。お出迎えしてくれたのはパオラさん。こちらのオーナーです。

agri2.JPG

まずはアグリ情報を色々とパオラさんから聞いた後、

「ダニエ~ラ~、ダニエ~ラ~~~」(館が大きいため、何度も大きな声で呼ばないと聞こえません・笑)

アグリの見学はここで働くダニエラさんに案内してもらいました。

agri3.JPG

「スタンダードが3部屋、ジュニアスイートが8部屋、離れのキッチン付アパルタメントが4つ、、、」

思っていたよりも意外と大きいこのお宿。

agri4.jpg

上段がスタンダードルーム、下段がジュニアスイート。スタンダードとは言えどもお部屋は広めでトランクを広げても十分なスペースが残ります。ジュニアスイートは寝室+リビングルームの2部屋タイプ。バストイレも広めです。(というか長い、、、・笑)いずれもタオル交換は毎日、シーツ交換は2日に1回。タオルもシーツも1週間毎に交換が多いシチリアのアグリ。タオル毎日交換は嬉しい!小さな石鹸とボディーソープも備え付けられています。(こういうのも無いアグリがほとんどです、、、)

さて、お部屋訪問の後は、ここのアグリの庭(と言っても巨大ですが)を散策しました。

agri5.JPG

庭の中にはたくさんのオリーブの木、レモンの木、オレンジの木、、、。この庭だけでも相当な数がありますが、ここから2キロほど離れたあたりに、さらに巨大な畑があるそうです!アグリでは、

・オリーブオイル
・マーマレード(レモン&オレンジ)
・赤白ワイン

などを生産販売しています。もちろん全てがBIO栽培(無農薬栽培)!

[
agri6.JPG


レストランで食べる野菜もアグリの畑で栽培しています。魚も釣りに行くそうです(笑)

agri7.JPG

アグリの中にはプールもあります。プールサイドでビーチベッドに座ってノンビリ過ごす、、、極楽極楽♪ プールもありますが、歩いて15分程度で海にも行けます。帰り際に散歩してみたところ、海岸にはLIDO(リド)と呼ばれる海の家みたいなものがあり、入場料が10ユーロ。中にあるビーチベッドなどは先着順らしいです。。。が、共有の屋根&椅子があるスペースもあり、座るところにあぶれることは無いそうです。

agri8.jpg

オリーブやブドウなど、畑を管理しているおじさん、駅まで迎えに来てくれたヌンツィア、アグリを案内してくれたダニエラ、レストランのシェフ、カメリエーレのバッティスタ、、、たくさんの従業員が働いていますが、

「私たちはファミリーのようなのよ」

と、みんな、口を揃えて言っていました。とっても親切で感じのよい彼ら達。私にとってスタッフが感じが良いことは絶対条件ですから、、、。

さて、どんなプランを作ろうか。料理教室は4人集まらないと出来ないらしいのですが、夕食は絶品!との事。(今度行って食べてきます)滞在+夕食、、、2時間ほど小さな船でのクルージングもできるらしいし、車で近くの街を散策するのも良いかも。近くにあったワイナリーもプランに入れようか、、、。色々と考えています。2泊3日、もしくは、3泊4日ほどのプランを作ろうと思っていますが、とりあえずご興味ある方、La Tavola Sicilianaのお問い合わせフォーム、又は、ブログのコメント欄に鍵コメでご連絡ください。詳細をご連絡しま~す!

アグリツーリズモ滞在って、車じゃないと行けない場所にあるし、言葉が通じないし、行ったら行ったっきり、、、何もすることがないし(汗)なかなか個人旅行では難しいと思います。でもでも、自然の中での滞在は心も体もリラックスできます。美味しいものを食べて地中海を眺めて森林浴をして、、、あぁ~ここは天国ですか??忙しかった旅の疲れを癒すために最後に数泊、、、なんていうのも良いかも知れませんね。

nice!(11)  コメント(20) 

<新プラン>海の近くのアグリで過ごす優雅なバカンス3泊4日~海も、山も、畑も、、、~(トラーパニ近郊・海のアグリ) [アグリステイ]

「アグリツーリズモ」と言えば思い浮かべるのは、田舎道をゴトゴト走って、、、やっとたどり着く山の中、というイメージではありませんか?ところがどっこい!地中海から徒歩5分!という立地のアグリツーリズモがトラーパニ近郊にあるのです。海から5分なのに、裏にはエリチェ山、敷地内はオリーブ畑やイチジク畑が広がり、、、え?想像できない??アグリはこんな立地にあります。
pizzo1.jpg
→が付いている下あたり、緑に囲まれた部分がアグリです。ね?海のすぐ近くでしょ??アグリの門をくぐると、、、そこはもうすぐ海。真っ青な地中海が広がります。

pizzo2.jpg
敷地内は緑に溢れ、春~初夏にかけてはお花が咲いていてとってもきれい。
pizzo3.jpg

アグリのある敷地は1800年代から続きます。トラーパニの名門貴族だったAdragna家(アドラーニャ家)が所有していたもので、当時はワインとオリーブオイルを生産、そして羊や牛などの家畜も飼っていてチーズ造りなどもしていました。敷地内にはAdragna家に仕える人たちも一緒に住んでいたため、たくさんの小さな家がありました。それを改築して出来たのが現在のアグリツーリズモ。敷地内は国の自然保護地区にも認定されているため新しい建物を建てることができません。なので、宿泊施設はすべて1800年代から続く建物、というわけです。現在、アグリを取り仕切るシニョーラは、かの有名カンティーナDonna Fugata(ドンナフガータ)オーナーのご兄弟。この土地を所有するAdragna家に嫁いできたのです。


さて、アグリのお部屋です。
pizzo4.jpg

お部屋のタイプは「モダン」と「アンティーク」の2種類。
モダンタイプは2009年に改築したばかりでスッキリした内装でまとめられています。(写真:左上・中上)一方アンティークタイプは、Adragna家が所有する1800年代のアンティークの家具が飾られています。床やタイルも昔の家から掘り出したものだそうです。アンティークが故に、同じものが2つとないので、各部屋雰囲気が違うのも面白いところ。
全室キッチン付きで、春~夏にかけては、アグリの畑で取れた無農薬野菜たちを無料で頂くことができます!

朝食はルームサービス。シニョーラお手製のジャム、コーヒー、牛乳、ジュースなど、、、ご希望のお時間にお部屋にお届け致します!

施設内には、バーベキュースペース(ご自由にお使いいただけます)、テラスもあります。お子様向けにはミニパークもあり、ご家族でのんびりしていただくこともできます。海とは反対側の山側には自然保護地区となっているトレッキングコースもありシチリアの自然を肌で感じることができます。

ラ ターボラ シチリアーナでは、海も、山も、畑も、、、と欲張りなあなたも大満足のアグリと、トラーパニ近郊の1日プランを加えたプランを企画。2010年、夏のバカンスはシチリアで大自然に囲まれて過ごしてみませんか?

-----------------------------------------------------------------------------

開催日程 : 2010年5月~10月まで ご希望の日程にて承ります。2名様以上でお申し込みください。

<1日目>15:00以降 ご到着 簡単なオリエンテーション
       * トラーパニの街より送迎無料!
夕食は、トラーパニのオススメトラットリアにご案内致します。
       (* 夕食費は直接トラットリアにお支払いください)
       (朝× 昼× 夜△)

<2日目>朝食 : お部屋にお届け致します。ゆっくりお召し上がりください。
      ~終日観光~(下記選択肢より2つお選びいただけます)
      (1) 塩田見学&ワイナリー訪問
      (2) ギリシャ古代遺跡 セジェスタ観光
      (3) 山の上の中世の街
      (4) トラーパニ観光&食材・お土産ショッピング!
      (5) カルタゴ遺跡 モツィア島
      ランチはおすすめのトラットリアへご案内します。(ランチ代金は直接お支払い下さい)
      夕食 : ナシ (トラーパニの街まではタクシーで10分程度です)
       (朝○ 昼△ 夜×)

<3日目>朝食 : お部屋にお届け致します。ゆっくりお召し上がりください。
       ~終日自由行動~
       * アグリにて海、山、敷地内散策、、、のんびりするも良し、
       観光をご希望される方はオプションもご用意しております。
       <オプション>
       (1) 2日目に選択されなかった観光2箇所
       (2) パレルモ往復専用車による送迎
       (3) 各種料理教室
       * オプション料金はお問い合わせください
       (食事:朝○ 昼× 夜×)

<4日目>お疲れ様でした!朝食後、ご出発
       * トラーパニの街までは無料で送迎!
       (朝× 昼× 夜×)

* トラーパニ/パレルモ空港、トラーパニ/パレルモの街からの送迎も有料にて承ります。
* 料金など、詳細はこちらよりお問い合わせ下さい!

<料金> お二人様ご参加 500ユーロ(お一人様ご参加料金)
* お申し込みは2名様からとなります。(時期によってはお一人様でのご参加も可能な場合がございます。お問い合わせ下さい)

* 3泊以上で宿泊のみの受付も可能です。(お二人様より)詳しくはお問い合わせ下さい。

-----------------------------------------------------------------------------

皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行
アグリステイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます