SSブログ
REIと一緒に行く小旅行 ブログトップ

紀元前の世界にタイムトリップ!カルタゴ遺跡の島、モツィア島へ! [REIと一緒に行く小旅行]

マルサラの塩田近くから小船に揺られて約15分。そこには、紀元前8世紀に西地中海とイベリア半島を結ぶ交易の中継地点としてフェニキュア人が建設した街「Mozia(モツィア)」があります。モツィアは小さな島で、ここからは紀元前8世紀~3世紀ごろのカルタゴ(現在のチュニジア)の文明の足跡がたくさん発見されているのです。

では皆さんも一緒にタイムスリップの旅に出かけましょう!

まずは塩田の水路を通り抜け、、、。

mozia1.JPG

船はのんび~りのんび~り走り、出発して5分くらい経つと、前方に島が見えてきます!

mozia2.jpg

さて、到着!

mozia3.jpg

到着するとすぐに眼に入るのが、紀元前の遺跡後、、、。ここは本当に城壁があった場所らしい。現在も石が残っています。そしてオバケアロエが両サイドに広がる道を通り抜けると、モツィア島唯一のバールやここから発掘された遺跡が展示されるホイッタッカー博物館があります。博物館には歴史上、重要な意味を持つ出土品がたくさんありますが、その中でも有名なのがこれ!

mozia4.JPG

「Gioninetto di Mozia(モツィアの若者)」という紀元前5世紀ごろの大理石像。紀元前5世紀にはこういう人がカッコイイとされていたんでしょうね~。両腕がなくなっちゃっていますが、腰に手を当てるポーズなんかは今と同じ(笑)この像、正面から見ても素晴らしいですが、後ろに回ると、、、

mozia5.JPG

見てください、このお尻のあたりの曲線を!これが紀元前5世紀にあったテクニックかと思うと、昔の人の文明にただただ驚くばかりです。

mozia6.jpg

その他、絵付けのされた陶器、アクセサリー、家の一部、などなど、展示物は狭い空間にコレでもか!というくらい並んでいます。そして全て紀元前のもの、、、、(汗)↑上の写真左下は「笑い仮面」と言って、かつては魔よけの役目を果たしていたそうです。シチリアの陶器屋さんにはこの笑い仮面にレモンや太陽が絵付けされたファニーな焼き物がたくさん並んでいます。

博物館でじっくりと出土品を見た後は、かつてのモツィアの街を実際に歩いてみよう!博物館には地図があるので、それを片手に紀元前の足跡をたどりましょう。(残念ながら日本語の地図はありませんでした)

mozia7.JPG

博物館のすぐ近く、Casa dei Mozaici(モザイクの家)。ここには家があったらしく床には白と黒の小さな石で作ったモザイクがあったそうです。

mozia8.JPG

島の中にはブドウや、、、、

mozia9.jpg

オリーブが栽培されていて、マイナスイオンがガンガン出ている、、、気がします(笑)しかし、この日は暑かった!島の入り口にバールが一軒ある他、お店などは存在していないので、必ずミニペットボトルを持って島を散策してください。そして日焼け止め&サングラスはお忘れなく!

さて、ブドウ畑の中をずんずん歩くこと約20分。島の反対側に出ました。ここはTofet(トフェット)というかつて神が祀られていた場所らしいです。紀元前8世紀~紀元前4世紀にかけてのお話だそうです。

mozia10.JPG

遺跡も面白いですが、真っ青な空、真っ青な海、、、風景も素敵です♪ 紀元前のフェニキュア人達もこんな美しい風景をみながら生活していたんでしょうね~。(どんどん妄想が膨らむ!)

mozia11.JPG

ここは結構保存状態良く、土台の部分が残っていましたが、、、なんの跡だか忘れちゃいました!

モツィア島はゆっくり回っても3時間くらいで周ることができます。小船は塩田近くの2箇所から出ていて、往復で9ユーロ。そして入島料として9ユーロがかかります。(2010年6月現在)モツィア島一帯は自然保護区になっているため、珍しい植物や鳥もいるそうですよ。

モツィア島、今までに何回も行っているのですが、、、実はこうして島を全部回ったのは今回が初めて!今まで「何にもない、、、、」と思っていたこの島ですが、意外と見所がありました。とっても興味深く、散策も楽しいのですが、、、7月~8月に訪れる方は干からびないよう気をつけてください、、、。

ラ ターボラ シチリアーナでは「塩田+ワイナリープラン」にプラス50ユーロにてモツィア島見学をすることができます!詳しくはこちらをご覧ください♪

nice!(12)  コメント(13) 

REIといくシチリア南東部1泊小旅行 <2010年春> [REIと一緒に行く小旅行]

3月、久しぶりに「REIといくシチリア南東部1泊小旅行」に行ってきました。

シチリアはこんな感じ。

mappa_ragusa.jpg

左の一番上、つまりシチリアの最西端がトラーパニ。そして、シチリアの右下が「シチリア南東部」と呼ばれています。南東部の見所でもあるラグーサまでは、トラーパニからなんと400キロ超!バスや電車など、公共の交通機関が整備されていないシチリアでは、移動するだけで1日がかり、下手すると2日かかっちゃうこともある、、、(汗)

でも、「シチリア南東部」には、ラグーサやモディカなど、世界遺産にも登録されているバロックの街が点在し、シチリア西部とはまったく違う表情を見せます。1年ほど前、「トラーパニから直接いけたらいいのになぁ~、、、。」というお客様のご要望からプランニングした1泊旅行ですが、やはり皆さん考えることは同じなせいか、既に数回のご予約を頂いています。

基本のプランはこんな感じ。

まずは、トラーパニを出発して、がけっぷちの聳え立つ海の街、チェファルーヘ。
(トラーパニ→チェファルー間 180km)

viaggio1.jpg

チェファルーで美しい景色を堪能した後は、陶器の町カルタジローネへ。(チェファルー→カルタジローネ間 160km)

viaggio2.jpg


カルタジローネでのご宿泊は、アグリツーリズモ。(もちろん街中のB&Bも手配できます。)

viaggio3.jpg

アグリツーリズモは車でしかたどり着けない場所にあるので、通常の旅行ではなかなか宿泊することができません。このプランは最初から最後まで専用車で移動するので、アグリへも楽々移動できます!

翌日は、アグリで田舎風(パンやジャム&コーヒー&牛乳など、、、)朝食を取った後、いよいよ世界遺産にも登録されているバロックの街ラグーサに向かいます。(カルタジローネ→ラグーサ間 70km)

viaggio4.jpg

天空に浮かぶ街ラグーサはまるでラピュタの舞台のよう。小道をウネウネと登っていくと、、、素晴らしいドォーモがある広場にたどり着きます。ここでは約1時間ほどの自由時間。

そして、これまた世界遺産にい登録されているバロックの街モディカに向かいます。(ラグーサ→モディカ間 20km)

viaggio5.jpg


モディカと言えば、、、、チョコレート!ジャリジャリした摩訶不思議なチョコレートはアステカ文明から伝わる製法で作られたもの。老舗のチョコレート屋さんBonajuto(ボナユート)にご案内します。

2日間で4つの街を堪能した後は、トラーパニに戻ります。(モディカ→トラーパニ間 420km)

2日間、専用車と私REIを貸切の旅!総工程約850キロの旅!シチリア西部からシチリア南東部まで、、、安心して旅行をしていただくことができます。ご興味あるかたはこちらをどうぞ!


nice!(13)  コメント(4) 

石畳の続く街チェファルーからシチリアの大海原を臨む [REIと一緒に行く小旅行]

パレルモから約70キロ東へ。車で1時間ほどの道のりを走ると、左斜め前方に大きな岩盤の下にオレンジの屋根が軒並み続く小さな街が現れます。そこがチェファルー。

チェファルーはティレニア海に突き出す急斜面の岬にある美しい街として知られています。街の名前はギリシャ語の「ケファル(岬)」から来ているそうです。
cefalu1.JPG

真っ青な海と真っ青な空、この日はまだ3月下旬だったというのに、既に海水浴している人がいました!

cefalu3.JPG

海沿いにある展望台では、若者がギターと歌を奏でていました。なんだか懐かしい風景で、昔にタイムトリップしたようです。南こうせつのフォークソングが聞こえてきそうです(笑)

cefalu2.jpg

真っ青な海とは対照的に、石畳の続く街の中はとってもシック。お店の看板やディスプレイもいちいちカワイクって、思わず足をとめてしまいます。

さて、チェファルーで最も目を引く建造物、それが大聖堂カテドラーレ。
cefalu4.JPG

左右にある同じ形の鐘楼、カテドラーレの入り口に続く階段の下には大きな棕櫚の木、そしてカテドラーレの背後に聳え立つ岩山、、、なんとも不思議な光景です。南国っぽいんだか中世っぽいんだか、、、。このカテドラーレ、1131年建設という由緒正しい古~い教会。かつて、チェファルーをはじめ、シチリアの多くの街はルッジェーロ2世という王様によって治められていました。チェファルーのカテドラーレには、ルッジェーロ2世にまつわる伝説もあり。

ある日、ルッジェーロ2世の乗っていた船が嵐に合い、遭難しかけていました。そこでルッジェーロ2世が、「船が無事に岸に到着することが出来たら、その地に大きな教会を建てて奉献します。」と神にお願いしたところ、嵐は収まり無事にチェファルーの海岸に辿りつきました。ルッジェーロ2世は約束どおり、チェファルーの地にカテドラーレを建て、神に献上した、というわけです。


900年近く前のお話です。

さて、カテドラーレは色々な歴史が交わるシチリアらしく、北イタリアでよく見られるタイプの鐘楼と、イスラム建築のファザードと、建築にもシチリアの歴史を垣間見ることができます。そして何と言っても見所はこちら。
cefalu5.JPG


「全能のキリスト」。
パレルモのノルマン王宮、モンレアーレのドォーモに続き、これもルッジェーロ2世が作らせた大作です。全能のキリストの下に薄っすらと見える十字架は木製。シチリアには多くの木製の十字架が残っていて、いずれも金で絵が描かれています。

さて、カテドラーレを堪能して、次に向かったのは、チェファルーの全景を見渡すことができる場所、ディアナ神殿。
cefalu6.JPG

こんな岩盤をひたすら登っていきます、、、(ゼイゼイ)
しかし、頂上から見た風景は、、、、
cefalu7.JPG

まさに疲れも吹っ飛ぶほどの絶景!!!!!!美しすぎます、、、、。

ラ ターボラ シチリアーナでは、2つのプランでチェファルー見学に行くことができます。

■ 陶器の街S.Sカマストラと中世の街チェファルー 
■ REIと行く、シチリア南東部1泊の旅

いずれも、他の街と組み合わせたプランです。

ご興味のある方はラ ターボラ シチリアーナのホームページをご覧ください!
nice!(14)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

知る人ぞ知るシチリア陶器の街 サント ステファノ ディ カマストラ(Santo Stefano di Camastra) [REIと一緒に行く小旅行]

「シチリア」には、「陶器の街」がいくつかあります。シチリア陶器はぽってりとしたぬくもりある形に手書きで絵付けをされていて、心がほっこり和むような陶器が多いのが魅力。シチリア陶器の街の中でも、知る人ぞ知る陶器の街、それがサント ステファノ ディ カマストラ。シチリアの人の中にもここの陶器のファンは多く、遠くからわざわざ買い付けに来る人もたくさんいます。

街に入ると右に左に、、、陶器、陶器、陶器!!!
SSカマストラの街には小さなお皿だけではなくて、こんな大物も!
ss1.JPG

日本に買って帰ることはできませんが、見ているだけでもウットリするほど美しい絵付けです。
ss2.JPG

これは植木入れ。植物を入れてベランダに飾ります。一つ一つ色もデザインも微妙に違い、手描きのぬくもりがあります。
ss3.JPG

こんなテーブルは田舎の一軒家に似合いますね~。
ss4.JPG

アンティーク風のタイル。昔はこんなタイルでキッチンが作られていたんですよね。かわいい!
ss7.JPG

こんなものも売っているんです。

お持ち帰りできない大物ばかりではなく、小さな陶器もたくさんあります。
ss5.JPG

このお店は私が個人的に大好きなお店。白地に繊細なデザインが施されていますが、色の数が少ないせいかシンプルな印象を受けます。
ss6.JPG

こんなデミタスカップセット、めちゃくちゃかわいいですよね~♪
ss8.JPG

お店ではこんな風景に出会うこともあります。(現在絵付け中)
ss9.JPG

カラフルなレモン柄もかわいい。

サント ステファノ ディ カマストラはシチリアの北側にあり、パレルモから100キロ、トラーパニからは約230キロ、メッシーナから130キロ。どこから行っても意外と遠いのが、また魅力でもあるのかも知れません。

ラ ターボラ シチリアーナでは、トラーパニ発、専用車で行くサントステファノ ディ カマストラの陶器ショッピングツアーをオーガナイズしています。専用車なので、電車やバスの乗り換えを心配することなく、街までダイレクトに到着することができます!
詳しくはこちらをご覧ください。→ ラ ターボラ シチリアーナ/陶器ショッピングと石畳の街チェファルーでタイムスリップ


nice!(16)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

山の上の中世の街 エリチェの絶景 [REIと一緒に行く小旅行]

トラーパニ近くの山の上にある街、エリチェのアテンドに行きました。

erice1.JPG
2月だというのにポカポカ陽気。エリチェは3月~4月下旬にかけて、小さな野の花が咲き、とっても美しい風景となります。この日は空も真っ青でいい天気!

erice2.JPG
崖っぷちに聳えるノルマン城。まるで宙に浮いているようです。ここは「ヴィーナス信仰発祥の地」とも言われています。

erice3.JPG
息を飲むほどの絶景。この雄大な景色は写真じゃ伝え切れません。是非実際に足を運んでいただきたい、、、。

erice4.JPG

エリチェは石畳の街。シチリアには珍しい中世の街並がとってもカワイイ♪

erice5.JPG

帰りの車の中から臨む夕陽とトラーパニの街。美し過ぎて言葉になりません。

山の上の中世の街エリチェはトラーパニからも近く、そして「本当にシチリア??」と思ってしまうくらい雰囲気の違う町並み。なので、トラーパニに来たからには是非是非訪れていただきたいスポットです。
エリチェ散策は、

■レジデンス泊3泊4日・5泊6日プラン
■REI宅ホームステイ5泊6日プラン

に含まれています。
また、

■トラーパニ観光&ショッピングとエリチェ観光

では、1日でトラーパニとエリチェを一気に観光する事ができます。パレルモからの日帰りや時間が無い方に
オススメします♪

nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

REIといくシチリア南東部1泊小旅行<2009年夏> [REIと一緒に行く小旅行]

「REIといくシチリア南東部1泊小旅行」は2009年夏、ラ ターボラ シチリアーナに新しく登場したプランでした。シチリア南東部は、西部から行くと非常に行きにくい場所。その上、バス乗り場、バスの乗り方も複雑で、イタリア語も話せないのに不安だわ、、、という方のために短時間でトラーパニから往復できるプランを作ったのでした。

初アテンドは2009年6月。プランでは1日目はトラーパニからチェファルー、そしてカルタジローネにに行くのですが、今回はお客様のご希望によりパレルモを見学していくことにしました。

パレルモでは、、、、

palermo1.jpg


palermo2.jpg


palermo3.jpg


まずは教会巡り。この日はパレルモ観光のハイライト!とも言えるノルマン王宮が残念ながら閉館(涙)その代わりに旧市街にある歩いて回れる教会を5つほどまわりました。その後は、日曜日なのに思いがけず開いていたバッラロの市場を見学。

palermo4.jpg


バッラロ市場は廃墟郡の中にずら~りと屋台が並び、入り口から出口まで全部通過するならば午前中いっぱいかかってしまうくらいの長さです、、、、(汗)この日はすごい人込み!市場見学の際には、スリにお気をつけくださいねー。

パレルモをたくさん歩いた後は、いざカルタジローネへ!パレルモからカルタジローネまでは約300キロの道のり、、、。日曜日だったのでパレルモ渋滞がなかったこともあり3時間で順調に着きました。今回選んだお宿はカルタジローネの街から数キロの場所にあるアグリツーリズモ。シチリアのアグリツーリズモ、、、というと、ド田舎にあってナビもきちんと辿り着けないほど山奥にあるところも多いのですが、今回は街に近かったこともあり迷わず到着!そして、その後は、早速カルタジローネのあそこをめざして、、、。

caltagirone1.jpg


そう、カルタジローネと言えば陶器で飾られるこの階段!いつ見ても美しいこの陶器の階段、今回もまたじっくりと見てきました。もちろんお客様の目当ては陶器ショッピング!階段の両脇にはあっちにもこっちにもお店の嵐。日曜日だったので若干しまっているお店もありましたが、あまりに多すぎると迷ってしまうのでそれぐらいでよかったかも、、、、。私もしっかりとショッピングしてきました(笑)

ショッピングの後はアグリツーリズモでの夕食。この日が誕生日だったお客様Kさん、アグリでみんなでお祝い!私もささやかながら、ネーム入りのお皿をプレゼント。お誕生日ケーキの時には、中からシェフも登場してみんなでヤンヤヤンヤの大騒ぎに(笑)楽しい誕生日会となりました。

caltagirone2.jpg


さてさて、翌日。カルタジローネから1時間ほどのモディカ、ラグーサにいきます。ここらへんはバロックの街として世界遺産にも登録されています。

caltagirone3.jpg


そしてモディカには私の古巣、ドルチェリアボナユートもあります♪毎回温かく迎えてくれるボナユートの面々は、私が働いていた4年前と全く変わらず。とは言えども、、、最初から最後まで本当によく面倒を見てくれたベアトリーチェは数年前に離婚、私が働いていた時にいた小僧(当時12歳)はもう高校生になってお店にはおらず。(ここまでは知っていました)今回は、ボナユートの厨房を支えるジャンニがなんと結婚!そして、私が働いていた時にはまだ高校生だったコスタンティーノがなんと、モディカでお寿司屋さんを開いていました(@_@;)ふぅ、4年間って、結構色々なことが起きるのね~、、、と思ったのですが、彼らもまさか私が4年後までここシチリアに残っているとは、当時は想像もしなかったでしょうね~(笑)

さて、こうして1泊2日の旅は終焉を向かえ、、、最後はいざトラーパニへ!とは言ってみるものの、モディカからトラーパニまでは約400キロ。確か、モディカからパレルモまでのバスは5時間半かかるはずだし、、、。(ちなみにパレルモ→トラーパニ間のバスは2時間。という事はバスを乗り継げば7時間以上!ゲッ!)超ロングドライブを想像しつつ、、、今回はC氏に運転を頼んだのですが、さすがイタリア人。なんと4時間で到着~~~~~!

トラーパニ→チェファルー→カルタジローネ→ラグーサ→モディカ、、、シチリアは公共の交通機関が発達していない為、バスや電車で周ったら3泊以上はかかってしまう約1000キロを走破するこの旅。短い旅の工程の中で色々な場所に行きたい!という方にオススメのプランです!

詳しくは、ラ ターボラ シチリアーナのホームぺージをご覧くださいませ~~~。

★ブログランキング参加中!シチリア好きの方、応援お願いしま~す。
人気ブログランキングへ
nice!(4)  コメント(2) 

シチリア島の西の端っこの楽園 ファビニャーナ島へ行く [REIと一緒に行く小旅行]

calarossa.jpg

7月8月は観光シーズン真っ盛りのシチリア。2009年の夏は家族やお友達で旅行でいらっしゃる方のアテンド、そして中旬~下旬は料理教室と大忙しだった私。(例年に比べるとね)しかし、旅行のアテンドでは私もシチリアの大自然を楽しめるのが嬉しいところ♪

トラーパニの西に位置するエガディー諸島はファビニャーナ島、レヴァンツォ島、マレッティモ島の3島からなり、イタリアでも密かなバカンス地として有名です。その中でもファビニャーナ島は美しい海と美食の島として知られ、夏には多くのバカンス客がヨーロッパ中から訪れます。私は今まで8月のファビニャーナ島には行ったことがなかったのですが、今年はアテンドとして行くチャンスが訪れました。ある程度の混雑は予想していましたが、、、予想通り大混雑のファビニャーナ島でした。私達は、指定日に島に絶対に渡らなければいけない為、往復4ユーロ(@1人)の追加料金を払って前日にチケットを購入。午前中に島へ渡るチケットは当日は購入できないこともあるので要注意!この4ユーロ、ケチると島へ渡ることが出来ない可能性も、、、、(汗)ちなみに、7月8月以外は当日購入でも大丈夫だと思いますが、いずれにせよ前日にチケット売り場に様子を見に行く事をお勧めします。

もちろん島へ渡る船が大混雑!という事は、、、、島も大混雑。レンタサイクルを借りた私達ですが、ここも大混乱!お店の人もいつにない混雑ぶりに「もう、やってられないわ~(@_@;)」と言っていました(笑)ちなみにレンタサイクルには身分証明書(日本人の場合はパスポート)が必要となりますのでご注意を!

大混雑の中、自転車を借りてようやくサイクリングに出発!まずは目指すはファビニャーナ島で一番美しいとも言われる「Cala Rossa」。(一番上の写真は上から撮ったCala Rossa)ここに辿り着くまで、約30分間チャリンコをこぎます!そして崖っぷちを下っていくと、、、、、

calarossa2.jpg


こんな美しい海が私達を待っていました、、、。 しかし、すごい人だ~~~っ!水の中にこんなに人がいるのも、船が密集しているのも私は初めて見ました。季節外れに行くと、だ~れもいない程なのですが(笑)アテンドしたご家族は、皆さん、楽しそうに海水浴♪ そりゃ、この海で泳がないのはもったいないでしょ~っ!私は陸でお留守番。(いやいや、仕事ですから・笑)

その後もサイクリングを続け、他のビーチポイントも回り半日サイクリングは終了。暑い暑い夏は半日もサイクリングすれば十分な運動量です。

しかし、シチリアには美しい海が色々とあるものです。どこの海も色が全く違うのですよ。これだから飽きません。

島へは行きたいけれど、、、言葉が分からない土地で船に乗って、自転車借りて、自分で道を探して、、、そんなの不安だわ~、という方の為に、「ファビニャーナ島でサイクリング!」というコースを今年から開始しました。私、REIが皆さんをファビニャーナ島にご案内します!お申し込み、お問い合わせはこちらから。


★ブログランキング参加中!シチリア好きの方、応援お願いしま~す。

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(4) 
REIと一緒に行く小旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます